リーボック

説明

イギリスのBolton(ボルトン)で、1895年にJoseph William Foster(ジョセフ・ウィリアム・フォスター)により自身の名前を使用し、”J.W Foster"が誕生した。靴製造会社として初めて、ランニングシューズの靴底にスパイクを使用し始めた事で有名。彼の息子達が会社経営に参加した事を機に、”J.W.Foster and Sons"と名前を変えた。その後、1958年に2人の孫が企業をした。その名が、Reebokだ。1979年にアメリカの流通事業社がReebok商品をアメリカで販売する事を公認した事が切っ掛けとなり、Reebokは大成長。その後、Reebokは女性用アスレチックシューズFreestyle(フリースタイル)を製作し、今も人気は衰えていない。Reebokはバスケ、フットボールや多種のスポーツ用品を販売し、マルチスポーツブランドとなった。SNSでは人気シューズのPhase 1(フェイズ1)、Workout(ワークアウト)、Daytona(デイトナ)、DMX Runやクラシックレザーに限らず、アパレルも発売中。以下がそのリストだ。