Clarks Originals (クラークス)

クラークスは、1825年にサイラスとジェームスというクラーク兄弟が作ったシープスキンのスリッパから始まりました。画期的なアイデアと職人技の組み合わせは、今日に至るまでクラークスの靴づくりの本質となっています。

今も変わらず、クラークスの全てのシューズは、シデの木材から手作業で削り出した木型(ラスト)から作られているのが特徴です。高度な製造技術やテクノロジー、そして最新の素材にを駆使しながら、現代のライフスタイルにフィットするシューズを生み出しています。