Dr. Martens

ドクターマーチンは、英国靴の聖地であるノーザンプトン州ウォラストンで1901年に創業。大きなターニングポイントのなったのが1945年。この年にドイツでクラウス・マールテンス博士が新しいエアクッションソールを開発しました。そのソールに目を付けたドクターマーチンは、1960年4月1日に、今も定番であるクラシックブーツ「1460」を発売したのです。そのネーミングの由来は、この発売日から。当初はワークブーツでしたが、70年代以降、イギリスのユースカルチャーで受け入れられ、ファッションとしても発展していきました。SNSでは、伝統的なメイドインイングランドのプレミアムなコレクションを中心に展開しています。